plat du jour*

スポンサーサイト

Posted by a* on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レモングラスが香る鶏とタケノコのベトナム(土鍋)ごはん

Posted by a* on   0 comments   0 trackback




ベトナム料理の土鍋ご飯

ダラット市場で買った土鍋に入れてみたけれど
炊飯器で炊きました(笑)




炊飯器は2回スイッチオン

1回目は鶏の下ごしらえのため
そして 
2回目にご飯を炊きます

なので、時間は少しかかりますが
炊飯器お任せなので楽ちんです
鶏は前もって作っておいてもOK

本来は「レモングラスの茎」を使いますが
スーパーではなかなか手に入らないものなので
ハーブとして売っている
レモングラスの葉で代用です

炊飯器から出てくる蒸気がものすご~くいい香りで
待っている間もちょっと嬉しいご飯です




材料:  2~3人分

「ゆで鶏」

・チキンスペアリブ 1パック(400g)
・味塩コショウ  小さじ1/4
・レモングラスの葉  15cmくらいのもの5本
・生姜のすりおろし   小さじ1
・(あれば、ドライコリアンダーを一振り)
・水 500cc

鶏に塩コショウ(ドライのコリアンダー)をまぶし、材料すべてを入れて炊飯器で普通に炊きます。


「炊き込みごはん」

・ゆで鶏の身の部分    100g
・ゆでたけのこ      80g
・しいたけ        50g
・たかのつめ       ひとつまみ
・ヌクマム        小さじ2 × 2
・シーズニングソース   小さじ2
・さとう         6g
・ゆで鶏のゆで汁     100cc
・レモングラスの葉    2本
・米           2合


ゆで鶏の身を骨から外してほぐし、ゆでたけのこ、シイタケと一緒に炒め、ヌクマム小さじ2で下味をつけておく。

炊飯器に洗ったご飯を入れ、ゆで汁100cc、ヌクマム 小さじ2, シーズニングソース 小さじ2、砂糖を加え、炊飯器の2合のメモリに合わせ水を入れる。

炒めた具とレモングラスを入れ、普通に炊き、仕上げにパクチーを散らしてできあがり。






ベトナム料理の日は、キッチュな柄のお皿と「なます」は欠かせない!




この土鍋

ダラットの市場で一目ぼれして買ったものなのですが

どのガイドブックにも
「市場でのお買い物は値下げ交渉も楽しもう」的なことが書いてあったので
頑張ってみるも
お店のお姉さんは頑として譲らず・・・
お皿を買った別のお店では
おばちゃんがず~っと電話していてながら接客だったので会話すらできず
その後ホーチミンの市場のお菓子道具屋さんでも値下げしないよ~といわれ
結局もうその後は最初から普通にお買い物・・・

みなさんの
市場のお買い物ってどうなんだろう・・・

でもあのごちゃぁとした活気ある市場での宝探しは
とても楽しかったです



レシピブログに参加中♪



スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://soupdujour.blog117.fc2.com/tb.php/44-0cb3cf86
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。