plat du jour*

スポンサーサイト

Posted by a* on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きちんと フィナンシェ ☆ カシス風味

Posted by a* on



お友達からたくさん美味しい卵をいただきました。

となれば、黄身はもちろんたまごかけご飯。

そして、白身は フィナンシェに。


家で食べる用は
バターをちょっと控えたり、
大きな型で1枚焼きして
切って食べたり

と、どこか手抜きしたりしてしまうのですが、
卵のお礼にお届けすべく
今日はきちんと焼きました!


といっても

あの、フィナンシェの名前の由来でもある
金塊型…長方形の焼型…がなく
丸く焼いているとこは
ツッコミどころですよね~。汗



材料…マフィン型8個分

無塩バター…80g
卵白…80g (2個分くらい)
きび砂糖…80g
カシスジャム…20g
アーモンドパウダー…30g
薄力粉…20g
強力粉…20g
型用のバターと、強力粉…適量




作り方

焦がしバターを作ります。小鍋に適当に小さく切ったバターを入れ、弱火で火にかけます。薄茶に色づいたら火からおろし、濡れぶきんの上に置き色止めします。

バターを溶かしながら、生地を準備します。卵白を切るように混ぜ、砂糖、カシスジャムを加えてよく混ぜます。

アーモンドパウダーをふるって加え、さらに混ぜます。

薄力粉、強力粉も合わせてふるい、2、3回にわけて加えます。

焦がしバターを少しずつ加えながら混ぜます。バターは熱すぎず、冷ましすぎず、軽く冷めたくらいの温度で。

できれば、生地を別のボウルに移し替え、もう一度ぐるぐるっと混ぜ、生地のムラをなくします。

型にバターを塗り、強力粉をはたきます。

生地を流します。高さは1.5cmくらい。

200度で予熱していたオーブンで13分焼きます。




焼き時間はオーブンによって異なると思いますので、調整してください。


これは
「イル プルー シュル ラ セーヌ」の
椎名眞知子先生のレシピを参考にしています。

椎名先生のレシピは
絶対外れなくて
よそ行き風に
美味しく出来るんですよね。



フィナンシェは、
型に接していた淵のところが
チリチリと焦げ目に焼けているのが好きなので
シリコン型ではなく
絶対金属型で焼きたい!
と思い
型を買いたいなぁと思いながら
月日が過ぎています。


金塊長方形は王道だけど、
細長いのも捨て難く(笑)




レシピブログに参加中♪
いつも ポチっと ありがとうございます(*^^*)




スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。